アイドル

玉森裕太は演技うまい?俳優としての成長ぶりがヤバすぎる!

アイドルとして歌っているイメージが強かった玉森裕太さんですが、もはや俳優さんとしての活躍が注目されていますね。

『玉森裕太の演技が最高!』『演技うまくなった!』との声もよく聞くようになりました。

そこでドラマや映画での演技力について調査してみました。

話題作品とともに俳優としての評価についてご紹介します。

玉森裕太は演技うまい?

玉森裕太さんは俳優活動を始めたばかりの昔、演技が下手と言われていました。

あまりのひどさにファンですら演技下手と言ってしまうほどでした。


『セリフが棒読み』『初々しい』 『たどたどしい』『ひどくてみていられない』と酷評でした。

撮影現場でもセリフが言えなかったり、セリフが言えたときは演技ができていなかったり、監督の指示に従うことができず撮影が進まないほどヤバかったそうです。

今ではウソみたいなんだけど、当初は監督に言われたことが何も出来なかったのよ。

例えば「ここで振り返ってセリフを」と言われたら、振り返るので精一杯でセリフが言えない。次はセリフは言えても振り返るのを忘れるとか、撮影が遅遅としてぜーんぜん進まないの。時効だから言っちゃおう。正直、『美男ですね』の当初の現場には「ダメだ、こりゃ。終わった!」の空気感が漂いまくりだったのよ。

引用元:WEZZY

主演なのにミスばかりしていたら現場が凍てつきますよね。

周りからもあまりのひどさに『終わった』と思われていたなんて、今では想像できません。

玉森さんも緊張していたのではないでしょうか。

しかしその空気にも負けず、演技の勉強にも力をいれて今では演技うまい!と言われるほどになりました。

玉森さんは『人見知りだからどうしていいかわからない』なんていう一面もあるそうですが今ではそんな風には思えないほど役になりきった演技が話題になっています。

玉森裕太の俳優としての成長ぶりがヤバい!

玉森さんの俳優としての成長ぶりを話題になった作品ごとに見ていきたいと思います。

2011年 美男ですね

『美男ですね』では完璧主義でクールなイケメンバンドのメンバー、廉を演じました。

同じジャニーズの藤ヶ谷太輔さんや八乙女光さんと一緒に出演されていましたね。

この頃はまだ演技が下手と言われていました。


『演技下手すぎてかわいい』という意見もありましたが圧倒的に『下手すぎる』の声が多かったです。

もともとはアイドルなので仕方がないですが、ファンもちょっとがっかりしたのではないでしょうか。

玉森さん自身も当時を振り返って『やり直したい所ばかり』というほど納得した演技はできていなかった様子。

ま、玉ちゃん自身は『美男ですね』に関しては「まだ見返せないよ。やり直したい所ばっかりだもん」とのことで自分には厳しめの採点なんだけど、10年前の熱い夏の日々のことは「びっくりするぐらい明確にいろんなことを覚えている」そうよ。

引用元:WEZZY

 

2013年 ぴんとこな

人気少女コミックが原作の作品。歌舞伎界のイケメン御曹司役を演じました。

この頃もまだ演技が下手というコメントが目立ちました。

歌舞伎のお稽古はハードスケジュールの中猛特訓したそうですが、見ていられなかった、という人もいるほど初々しい演技だったと言えます。

2017年 リバース

主人公の親友を殺した犯人を追うミステリー作品。

今までの酷評がうそのように、リバースについては演技がうまい!と絶賛する声がたくさんみつかりました。

リバースを見て玉森さんの成長ぶりにビックリした人がたくさんいました。

友人の死に対する動揺や不安などの演技がとても自然に表現されていたんですよね。

 

リバースによって玉森さんの役者としての評価が急上昇したことは言うまでもありません。

人気俳優の藤原竜也さんや戸田恵梨香さんと並んでも違和感なかったほどの素晴らしい演技でした。

 

玉森さんは以前ラジオ番組で、自身が最も追い込まれた作品は『リバース』と答えていますので厳しいと言われる塚原監督の指導・環境の中で日々努力された結果、大きく成長したのではないでしょうか。

リバースでの演技が高評価だったので、その後同じプロデューサーが演出をした『グランメゾン東京』にも出演しています。

2019年 グランメゾン東京

木村拓哉さんと共演したことでも大変話題になりました。

木村さん演じる天才シェフの見習い役として、アイドルとしての明るいイメージとは逆で物語に緊張感を与える役割を見事に演じました。

大先輩との共演はさぞかし緊張したと思いますが、それを感じさせない、視聴者を惹きつける演技が好評でした。

 

泣きの演技がうまい、怒ってる顔がうまい、とところどころの細かい演技が評価されています。

2021年 オー!マイ・ボス!恋は別冊で

主人公と恋をするイケメン御曹司役を演じています。

オシャレなビジュアルにも注目が集まり、視聴者が思わずきゅんきゅんしてしまうシーンを演じ、話題になっています。

 


恋のライバルに対して真剣な表情をするところもあれば、犬の耳をつけてかわいらしい妄想シーンを演じることもある役柄ですが、どの演技も自然で役だということを忘れてしまうほどなんですよね。

昔の演技と比較して成長したことに涙しながら喜んでいるファンもいます。

シリアスな役もかっこいい役も演じ、今後俳優としてますます活躍されていくのではないでしょうか。

まとめ

玉森裕太さんの演技力についてまとめてみました。

ドラマに出たばかりの頃は見ていられないほどひどいと言われた演技も今ではうますぎると言われるほどに成長した玉森さん。

もともとまじめな性格だそうなのできっと必死に努力を積み重ねてこられたのでしょう。

これからもいろいろな役が見てみたいです。

楽しみにしています!

ABOUT ME
risa
こんにちは!りっちゃんです! こちらのブログでは、日々テレビや雑誌などを見ていて気になったことを調べて書いています! ちょっとした休憩時間に読んでいただいて気になる疑問を解決するお手伝いができればと思いますのでよろしくお願いします(^^♪