ニュース

渡部健の会見は記者がひどすぎる!AIがポンコツすぎたのが救い!

12月3日に渡部健さんの不倫騒動に対して会見が開かれましたね。

その会見は約2時間にも及びましたが会見での注目は主に2つだったように思います。

「記者たちの質問内容があまりにもひどい」

「AIポンの字幕がポンコツすぎてウケる」

ということでこの2点についてまとめてみました!

渡部健の会見は記者がひどすぎる!

渡部健さんは多目的トイレで不倫というひどすぎる最低なことをしましたが、会見での記者たちがあまりにもひどかったと話題です。

まるで集団いじめのようだったとの声もありましたね。

 

さすがのひどい質問に渡部さんの味方をする人もみられました。

渡部さんより記者が気持ち悪くて見ている人の気分が悪くなるほどの内容でした。

ひどい質問まとめ

ひどいと言われた質問をまとめてみました。

 

いや~どれもひどいですね!

ひょっとしたら記者たちの方がセクハラで訴えられそうな質問もありましたし、密を避けなければいけない時期なのにぎゅうぎゅうに渡部さんに近づいて記者は次から次へと息継ぎをする間もないくらい質問を投げかけていました。

 


こんなに近づく必要あったのでしょうか。。

渡部健の会見はAIがポンコツすぎたのが救い!

視聴者の気分が悪くなるようなひどい質問もあった中で、テレビの画面をみて爆笑している視聴者も多かったんです。

それはAbemaTVで放送中の画面に出ていたリアルタイムで字幕を作る人工知能のAIポン。

この字幕の変換の誤字脱字が多すぎてポンコツすぎたんです!

ポンコツすぎる字幕が唯一の救いだったとまで言われていますのでそのAI字幕ポン字幕をみてみましょう!

AIポンのポンコツ字幕まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まじめな回答をしているときもAIポンの字幕がまるでコントのように変換していましたね。

相方の『児島さん』の名前の変換も間違っていて思わず『児島だよ!って』ツッコミをいれたくなるほどでした。

ひどい字幕でしたが、AIポンの字幕がポンコツでなければもっと暗くて気持ち悪い会見で終わっていたかもと思うとAIポンに救われたのかもしれませんね。

まとめ

渡部健さんの会見で記者たちの質問がひどすぎる、そしてAI字幕の変換がポンコツという内容でお送りしました。

記者たちの質問がひどいのはわざとで、そうやって渡部さんの見方を増やすための狙いだった、なんて説もありますからほんとのところはどうなんでしょうね。

AI字幕も以前から誤変換が多いことで知られていたようなので、わざと誤変換してくれることを狙って放送したものだとしたら・・・

いろいろ疑っちゃいますね。

この先どうなるのか見守っていきたいと思います。

ABOUT ME
risa
こんにちは!りっちゃんです! こちらのブログでは、日々テレビや雑誌などを見ていて気になったことを調べて書いています! ちょっとした休憩時間に読んでいただいて気になる疑問を解決するお手伝いができればと思いますのでよろしくお願いします(^^♪